サービス

service

製造ライン 遠隔モニタリング サービス

⾃動⾞部品製造の旭鉄⼯において、リアルタイムの⽣産管理には現場の従業員による従来のアナログ的な対応だけでは困難がありました。
IoTソリューションやクラウド環境の利用により、⽣産数や停⽌時間など現場で必要な情報をリアルタイムに⾃動検出・⾒える化し改善スピードを上げ、時間当たりの出来高大幅向上により設備投資を削減出来る「製造ライン遠隔モニタリングサービス」をご紹介します。

 

コンセプト・特⻑

製造ライン遠隔モニタリングサービスの製品コンセプトをご紹介します。


導入ステップ・費用

製造ライン遠隔モニタリングサービスの導入ステップをご紹介します。


導入効果

製造ライン遠隔モニタリングサービスを導した際の効果をご紹介します。


よくある質問

製造ライン遠隔モニタリングシステムについて、ご質問いただく内容をご紹介します。

製造遠隔ラインモニタリングサービスのシミュレーション動画です。
ライン稼働・停止に対するシステム動作が確認いただけます。

 

 

CONCEPT

コンセプト

■ 収集するデータを絞り、改善にフォーカスできる環境を瞬時に構築
■ どんな機械でも24時間365日のモニタリングを可能に。

FEATURES

特⻑

■ 設備に後付けの汎用センサを取付けてデータを自動収集するシステム
■ 主要センサは磁気センサ・光センサであり、既存のほとんどの設備に取り付けが可能
■ 改善にダイレクトに効く3要素「生産個数」「停止時間」「サイクルタイム」を即座に把握
■ クラウド上にデータを保存、どこでも⾒られて出張中でも安心
5ラインにフォーカスしての利用がおすすめ!

STEP

導入ステップ


① システム概要のプレゼンや導⼊の流れをお打ち合わせ。打ち合わせはお客様にご来社いただくか弊社スタッフが訪問致します。
② 導⼊前に機器の設置方法、デモ機を使ったセンサーの取り付け方、システムの基本的な使い方などをレクチャーします。(参加は任意)
③ 弊社スタッフが訪問し機器を設置、またはお客様ご⾃⾝で設置を⾏っていただきます。

VOICE

お客様の声

導⼊の効果: 5ラインの平均可動率が74%から81.2%に向上
ポイント: 考えうる停止要因を列挙し、止まるたびに記録することで、停⽌理由と時間が明確にわかる。
システムを使って可動の状況を「共有」すること。明確な数値化による共有は、社員のモチベーションに繋
がった。

事例2 :  技研

導入の効果 : 5ラインの平均可動率が74%から81.2%に向上
ポイント : 考えうる停止要因を列挙し、止まるたびに記録することで、停止理由と時間が明確にわかる。システムを使って可動の状況を「共有」すること。明確な数値化による共有は、社員のモチベーションに繋がった。

FAQ

良くある質問

製造ライン遠隔モニタリングシステムについて、ご質問いただく内容をご紹介します。

費用について

Q:初期費用は幾らですか?

初期設定費用が受信機1台につき90,000円、送信機1台につき2,000円が必要です。取り付けと出張費用は別途頂きますが、お客様ご自身で設備に取り付けて頂ける場合は初期設定費用のみとなります。実際そういうお客様もいらっしゃいます。ですので、最低92,000円からになります。

Q:ソフトウェア購入費は幾らですか?

月額の使用料金に含まれております。

Q:送信機、受信機、センサー等の購入費用はそれぞれ幾らですか?

弊社からレンタルするという形を取っておりますので初期購入費は不要です。月額の使用料金に含まれております。

Q:ソフトのアップデート費用は幾らですか?

お客様に常に最新の機能をお使い頂けるよう、クラウド上のソフトのアップデートは弊社が無料で実施します。その際にオプション機能が追加されかつその機能の使用をご希望の場合は別料金となる可能性はありますが現時点ではお答えいたしかねます。

Q:使用料はいくらになりますか?

導入ライン数により変動します。ライン数ごとの導入費用は価格表からご確認価格表はお問合せからご請求ください。

Q:受信機・送信機の月額使用料は何が含まれていますか?

受信機の月額使用料には受信機の使用料とクラウド使用料と受信機からクラウドまでのパケット通信費が含まれます。送信機の月額使用料には送信機とセンサー1つの使用料も含んでいます。ページ閲覧によるネットワーク使用料は、お客様の負担となります。

Q:月額使用料以外は費用は発生しませんか?

かかりませんが、クラウド上のデータをお客様が閲覧する通信費は別です。

Q:補助金を使いたいので一括払いは可能ですか?

可能です。ご相談ください。

費用について

Q:取り付け費用は幾らですか?

出張取付の場合、交通費と作業費の実費は頂きます。場所や対象となる設備によって変わりますのでご相談ください。

Q:自社で取り付けは出来ますか?

取付け要領を記載した配布資料をお渡ししますので、ご自身でも取り付け可能です。
※シーケンサーからのデータ取得は可能ですが、取り付けに関しては機械の故障リスクを鑑み、弊社の方で行っておりません。お客様の電気担当の方におまかせしています。

送信機について

Q:送信機は100V電源ですか?

単3乾電池2本です。サイクルタイムが短いと寿命が短くなりますが通常2か月?半年持つ見込みです。電池マークが表示されておりますので減ってくると分かるようになってます。受信機は100V電源が必要となります

Q:生産個数以外の情報を載せることはできますか?

現時点では使用しておりませんがモジュールに入力端子の余裕はあり技術的には可能です。要望の多いものから対応していきます。

Q:LAN等のネットワーク工事は必要ですか?

無線で通信しておりますので不要です。

受信機について

Q:受信機1台あたり何台の送信機が繋げますか?

弊社では30台までは実績があります。が、工場の中のノイズや送信距離によって左右されます。データ閲覧ページに記載されている電波強度、60以上を推奨しております

表示・操作端末について

Q:専用端末は購入必要ですか?

必要ありません。皆様がお持ちの普通のタブレットもしくはスマートフォンで閲覧可能です。

Q:専用アプリをインストールするのですか?

必要ありません。普通のブラウザでOKです。Google Chromeを推奨しておりますが、多くの場合Safai等でも閲覧可能です。

セキュリティについて

Q:クラウドのセキュリティはどう考えればいいですか?

クラウドはクラウド自身のセキュリティで守られております。我々がソフトの書き換えを行うだけでもはじかれたりすることがあるくらい厳しいです。

通信について

Q:Wifi等の整備は必要ですか?

受信機には弊社手配のSIMが入っておりデータのアップロードを行っています。タブレットやスマートフォンでの閲覧をWifiで行うなら必要です。

Q:データの更新頻度はどれくらいですか?

生産のデータが入るたびに即クラウドにデータを上げていますのでリアルタイムでデータが更新されます。表示更新は通信速度次第です。多くの場合2,3秒程度の遅れで済みますが通信状況が悪いと更に遅れます。

その他

Q:タブレットのレンタルはありますか?

現在はレンタルを行っておりません。

Q:何か特に購入する物はありますか?

CTモニタのサービス利用に関しては、スマホ・PCなどがあれば特に追加購入の必要はございません。
ダッシュボタン、i Smartあんどん、OPモニタなどのオプションサービスのご要望がある場合は別途費用が必要です。お問い合わせください。

Q:クラウドを使うのが嫌なのでオンプレミスで使用できますか?

技術的には可能ですが、最新バージョンのソフトを使うことが出来ないなどデメリットも多く、割高になるので現状ご用意いたしておりません。

Q:無線を使いたくないので有線で接続できますか?

技術的には可能ですが、現状ご用意いたしておりません。

Q:データの欠損はありますか?

無線を使う以上ゼロではありません。送信距離や工場内の環境の影響を受けますが、これまでの実績では1%以下となっております。

Q:途中解約の費用はどうなりますか?

受信機はSIMが1年契約なので残月分に使用料を頂きます。送信機は月末までの使用料を頂きます。なお、その際は受信機・送信機ともにご返却頂くようお願いしております。

コンサルタントについて

Q:改善する自信が無いのですが改善指導はしていますか?

弊社契約改善メンバーおよび弊社推奨コンサルタントをご希望に応じ別料金で派遣しております。また、IoT道場と称した改善教室や工場見学時に改善実例を紹介できます。※有料

保証について

Q:システムが壊れたら直しに来て貰えますか?

原則として送信機・受信機等必要な機器をお送りして交換して頂くことで対応お願いしてます。月額使用料を抑えるために必要ですのでご理解・ご協力をお願いいたします。

Q:保証期間は何年ですか?

契約して頂いている間は原則的に保証で対応します。